原因を知り脳梗塞の対処法について学びましょう

相談

大腸のがん

女性

初期症状に気づかないことが多い大腸がんになると、血便や下痢などが発生します。早期発見が完治に繋がるので、違和感を感じたらすぐに病院に行きましょう。また、がんの進行程度によって治療法は異なるので、医師の説明をきちんと聞いて相応しい治療を受けるといいでしょう。

詳細

日本人女性に多いがん

医者

乳がんは日本人女性のがんの中でもっとも患者が多いものです。しかし徴候を自分で発見でき完治も可能なので定期的な検診をうけるのが大事です。マンモグラフィーと超音波検査があり、それそれ一長一短あります。近親者に罹患者がいるときは若いうちから検診を受ける方がよいでしょう。

詳細

脳の血管が詰まると

看護師

脳がダメージを受けます

脳梗塞とは、脳血管が詰まり血流が途絶える病気です。血流が途絶えると、脳細胞に酸素や栄養素が届かなくなって脳細胞が死滅し、体に様々な弊害があらわれます。脳梗塞は中年以降に発症が増える病気です。脳梗塞の原因は様々ありますが、基礎疾患を持っていると持くっていない人に比べて発症リスクが上がります。高血圧、糖尿病、脂質異常症などはコントロールが悪いと動脈硬化を促進したり血管にダメージを与えて脳梗塞のリスクを上げます。心房細動を持つ人では血栓ができやすく、その血栓が血流に乗って脳まで移動し脳の血管を詰まらせることも脳梗塞の原因になります。他には高齢者で水分摂取が不足して脱水傾向となり、血液がドロドロになることも原因になります。

症状と対策とは

脳梗塞の症状は、呂律が回りにくい、喋りにくい、言葉が理解しにくいなどが代表的です。また、片側の手足に力が入らなかったり、動かしにくいときがあります。さらに顔面の片側に力が入らず口角が下がっている、片側の目が見えにくい、視野が狭窄したり欠けたりするなどがあります。これらは麻痺や運動障害の症状や失語症の症状になります。脳梗塞の程度によって症状の強さは違いますが、このような症状があれば脳の疾患を疑い救急病院へ行く必要があります。脳梗塞を予防するためには、原因となる危険因子をひとつずつ取り除き規則正しい日常生活を送ることが大切です。高血圧や糖尿病、脂質異常症の方は、医師の指示通り薬をきちんと内服したり、改善の為に適度な運動を取り入れたりすることが求められます。心房細動のある人は抗凝固剤の内服を忘れないようにしましょう。脳梗塞のリスクを少しでも減らし、健康寿命を延ばしましょう。

画期的な治療法

病院

がん細胞を始末するNK細胞の衰えた活性を蘇らせ、再び、がん細胞を始末させようというのがNK療法です。NK細胞は、がん細胞だけを攻撃するので正常な細胞は傷つけず、また、患者自身のNK細胞を使用しますので、体が受け付けないということはないので、NK療法は患者への負担がない、あっても僅かという治療法です。

詳細