原因を知り脳梗塞の対処法について学びましょう

婦人

画期的な治療法

病院

NK細胞を活性化

人間には、がんに対して免疫があり、NK細胞という免疫細胞が、がん細胞を始末してくれます。但し、がん細胞を始末できるのは、NK細胞が活性している状態に限ったことであり、活性していなければ、体内にNK細胞が存在していても、がん細胞を始末することは難しくなります。そして、NK細胞の活性は、加齢に伴い衰える傾向にあります。従って、年齢を重ねると、がんの発症率は高くなるのですが、その点に注目して編み出された治療法が、NK療法です。NK療法の原理は至って簡単であり、NK細胞を活性化させるだけです。具体的には、患者から採血して、そこからNK細胞だけを取り出し、培養して、十分な活性が認められた後、点滴で再び患者の体内へ戻すというのがNK療法です。

負担がない、あっても僅か

現在、NK療法は非常に高い関心を集めているのですが、その大きな理由となっているのが、患者への負担がない、あったとしても、ごく僅かだということです。どうしてかというと、NK細胞は、がん細胞だけを攻撃する免疫細胞ですので、正常な細胞を傷つけることはないからです。加えて、患者自身のNK細胞を治療に使用しますので、体が受け付けないということもないからです。活性化させたことにより、発熱が生じることもありますが、決して高熱ということではなく、また、一過性ですので、大きな負担とはならないのです。がんの治療は長らく、患者への負担はやむ無しという状況でしたが、その状況に一石を投じる、画期的な治療法がNK療法だと言えます。