原因を知り脳梗塞の対処法について学びましょう

婦人

日本人女性に多いがん

医者

乳がんは日本人女性の発症するがんの中でもっとも発症確率が高いがんです。しかし、自分で症状を発見できる唯一のがんでもあり、早期に発見できれば完治させることも可能なものです。そのため、一定の年齢以上になったら定期的に乳がん検診を受けることが予防と対策には重要となってきます。好発年齢は40代後半が最たるものです。30代から増加し始め、50代後半になると患者は減少します。若いうちや妊娠・授乳中は正確な診断ができないことも多いので、40代になったら一年に一度程度乳がん検診を受けるのが一般的です。また、生理が終わって数日したタイミングで乳房の形やゆがみ、しこりがないか、乳首がただれていないかなどを定期的にチェックするのも早期発見には重要です。

乳がん検診は40代をこえてから受ければ問題ないとされています。乳がん検診にはマンモグラフィーと超音波検査がありますが、それぞれメリットデメリットがあります。マンモグラフィーは早期のがんも発見できますが、乳腺が発達している若い年代ではがんが見つけにくくなってしまうため不向きです。また、わずかですが被曝の危険性があるので妊娠・授乳中の人にも向いていません。超音波検査は若い人でも受けられますが、がんを見つけにくく技師の腕に左右されるという特徴があります。このような特徴があるため、若いうちは自分で気になったときに検診を受ければいいと考えている人が多いです。しかし、近親者に乳がんなどの罹患者がいる場合は超音波検査だけでも定期的に受ける方がいいでしょう。